主な活動

1.再生可能エネルギー国際会議の主体的推進

2006年 2010年
名称 RE2006国際会議 RE2010国際会議
会期 10月9日~13日 6月27日~7月2日
会場 幕張メッセ国際会議場 パシフィコ横浜
会議センター
参加者 55か国/1,063名 66か国/1,359名
論文(発表) 663件(641件) 986件(887件)
併行W/S 等参加数 3,108名 3,580名
報告書
2014年 2018年
名称 Grand RE国際会議 Grand RE国際会議
会期 7月27日~8月1日 6月17日~22日
会場 東京ビッグサイト パシフィコ横浜
参加者 48か国/1,357名
論文(発表) 974件(892件)
併行W/S 等参加数 1,340名
報告書

※国際会議で発表された論文の管理を引き継ぎます。

2.再生可能エネルギー世界展示会の主催
(第5回迄の名称は「新エネルギー世界展示会」)

2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年
名 称 第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回
会 期 10月11日
~13日
10月10日
~12日
7月30日
~8月1日
6月24日
~26日
6月30日
~7月2日
12月5日
~7日
会 場 幕張メッセ 幕張メッセ 東京
ビッグサイト
幕張メッセ パシフィコ
横浜
幕張メッセ
来場者数 20,203名 16,390名 45,547名 50,076名 44,290名 37,594名
JCRE主催
フォーラム参加数

国際会議
9件
1,160名
9件
1,167名
9件
1,231名

国際会議
11件
1,097名
2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
名 称 第7回 第8回 第9回 第10回 第11回 第12回
会 期 12月5日
~7日
7月24日
~26日
7月30日
~8月1日
7月29日
~31日
6月29日
~7月1日

7月5日
~7日

会 場 幕張メッセ 東京
ビッグサイト
東京
ビッグサイト
東京
ビッグサイト
パシフィコ
横浜
パシフィコ
横浜
来場者数 42,505名 38,367名 44,210名 37,179名 25,123名 26,938名
JCRE主催
フォーラム参加数
9件
1,004名
10件
1,124名

国際会議

10件
3,460名

10件
3,742名
11件
1,287名

※NEDO、AIST、JSTセッションも同時に開催しています。
※2008年より「再生可能エネルギー世界フェア」として「PV Japan」と同時開催しております。

3.重点12分野のキーワードとネットワーク活動

日本を代表する各分野の技術研究メンバーが、リーダー、コリーダーを中心に定期的な連携で最新技術の情報交換や発表会の企画等を行って頂いております。

分野 Lリーダー CLコリーダー 具体的領域

1.政策・統合概念

L 荻本 和彦

東京大学 特任教授 
生産技術研究所

CL 加藤 丈佳

名古屋大学大学院 教授
工学研究科電子情報
システム専攻

CL 西尾 匤弘

内閣府 政策統括官
(科学技術政策・
イノベーション担当)
付 デイレクター

シナリオ政策手段、国家実行計画、財政、CDM、規制課題、究開発方針、エネルギー技術ロードマップ、統合的RE 導入社会概念、新ビジネスモデル、国際協力・協調

2.太陽光発電

L 仁木 栄

(国研)産業技術総合研究所
福島再生可能エネルギー研究所 再生可能エネルギー研究センター長

CL 若尾 真治

早稲田大学大学院 教授
先進理工学研究科

CL 瀬川 浩司

東京大学 教授
先端科学技術研究センター

先進的製作工程、高効率材質・材料、結晶系シリコンとモジュール、薄膜シリコンとモジュール、CIGS薄膜セル、有機薄膜セル、色素増感セル、宇宙太陽利用、量子ドット、高効率化技術と信頼性、取付け・施工技術、電力連系

3.太陽熱利用

L 秋澤 淳

東京農工大学大学院 教授

CL 田中 耕太郎

芝浦工業大学 教授
機械機能工学科

CL 平野 聡

(国研)産業技術総合研究所
省エネルギー技術研究部
門 熱利用グループ グループ長

高効率集熱管、太陽熱ヒートポンプ、太陽熱発電、水素製造、純水製造、化学工程、太陽熱貯蔵法、太陽光発電とのハイブリッド

4.環境建築

L 宇田川 光弘

工学院大学 名誉教授

CL 廣田 佳子

岐阜県立森林文化アカデミー クリエーター科 木造建築講座 准教授

CL 大野 二郎

㈱日本設計 環境創造マネジメントセンター シニアアドバイザー

ゼロエネルギー建築・システム、建築設計・部材開発、室内快適性制御、自然エネルギー最大活用法、先進的都市型住宅、シミュレーション技術

5.風力

L 長谷川 豊

名古屋工業大学 教授
工学研究科 機能工学専攻
 

CL 小垣 哲也

(国研)産業技術総合研究所
福島再生可能エネルギー研究所 再生可能エネルギー研究センター 風力エネルギーチーム研究チーム長

CL 近藤 潤次

東京理科大学 准教授
理工学部電気電子情報
工学科 

CL 飯田 誠

東京大学 特任准教授
先端科学技術研究センター
産学連携新エネルギー研究施設 

政策・国プロジェクト、洋上風力、経験を踏まえた高効率風車開発、風況精査・風資源、環境対策、小型・ハイブリッド風車、法規制、市場・海外調査展開

6.バイオマス

L 坂西 欣也

(国研)産業技術総合研究所
福島再生可能エネルギー研究所 所長代理

CL 松村 幸彦

広島大学大学院 教授
工学研究科 バイオマス
プロ ジェクト研究センター

CL 吉岡拓如

日本大学 准教授
生物資源科学部 森林
資源科学

CL 芋生 憲司

東京大学大学院 教授
農学生命科学研究科 生物・環境工学専攻

CL 澤山 茂樹

京都大学大学院 教授       農学研究科 応用生物科学専攻海洋環境微生物分野

バイオエタノール、ガス化・熱分解技術、微生物処理、バイオ材料、資源回収・資源利用、森林管理、カーボンニュートラル、資源ゴミ

7.水素・燃料電池

L 秋葉 悦男

九州大学大学院 教授
工学研究院機械工学
専攻

CL 石田 政義

筑波大学大学院 教授

CL 光島 重徳

横浜国立大学大学院 教授
工学研究院 機能創造部門

CL 古谷 博秀

(国研)産業技術総合研究所
福島再生可能エネルギー研究所 再生可能エネルギー研究センター 副センター長

CL 里見 知英

燃料電池実用化推進協議会
技術部長

先進的セル技術・施工技術、燃料電池発電装置、先進的車載型燃料電池、水素製造・供給・貯蔵、水素社会システム・技術的構想、燃料電池自動車、複合化技術

8.海洋エネルギー

L 池上 康之

佐賀大学 教授
海洋エネルギー研究
センター 

CL 経塚 雄策

九州大学大学院 教授
総合理工学研究院

CL 居駒 知樹

日本大学 准教授
理工学部 海洋建築工学科

CL 宮崎 武晃

東京大学 特任研究員
先端科学技術センター産学
連携新エネルギー研究
施設

海洋温度差発電、波力発電、潮流・海流発電、海洋バイオ、洋上複合化設備、経済性評価、エネルギー賦存量

9.地熱・地中熱

L 安川 香澄

(国研)産業技術総合研究所
福島再生可能エネルギー研究所 再生可能エネルギー研究センター 総括研究主幹

CL 高杉 真司

ジオシステム(株) 代表取締役社長

最新掘削技術、地熱探索技術、最新地熱回収システム、地熱発電、地中熱利用、複合システム、高効率ヒートポンプ

10.エネルギーネットワーク

L 浅野 浩志

(一財)電力中央研究所
社会経済研究所 副研究参事

CL 徳田 憲昭

(一財)エネルギー総合工学
研究所 プロジェクト試験
研究部 副部長

CL 村田 晃伸

(国研)産業技術総合研究所
安全科学研究部門 エネルギーシステム戦略グループ グループ長

CL 山口 浩

(国研)産業技術総合研究所
先進パワーエレクトロニクス 研究センター 副研究センター長

スマート、マイクログリッド、インテリジェントグリッド、CEMS、BEMS、HEMS、需要側即応、分散型電源、電気自動車、PHV、パワーエレクトロニクス、バッテリーシステム

11.省エネ・ヒートポンプ

L 佐藤 春樹

慶応義塾大学 教授
理工学部システムデザイン
工学科

CL 奥宮 正哉

名古屋大学大学院 教授
環境学研究科

CL 南島 正範

(一財)ヒートポンプ・蓄熱
センター 蓄熱技術部長

CL 平野 聡

(国研)産業技術総合研究所
省エネルギー技術研究 部門 熱利用グループ グループ長

ヒートポンプ、高効率熱利用、熱電供給エネルギー管理システム(CEMS、BEMS、HEMS)、ダブル発電、空調システム、雪氷利用、地球温暖化とヒートアイランド

12.中小水力
・未利用エネルギー

L 中西 裕二

神奈川大学 教授
工学部

CL 大池 真悟

東京電力(株)
パワーグリッドカンパニー工務部
水力発電グループ チームリーダー

CL 古川 明憲

九州大学 名誉教授、
国立大分工業高等
専門学校 校長

CL 金元 敏明

九州工業大学大学院 教授
工学研究院

CL 松井 純

横浜国立大学大学院 教授
工学研究院 機械工学・材料系学科 

水力開発と利用法、実証試験例・設備紹介、日常生活からの未利用エネルギー発掘、地下排熱、工場排熱、雪氷、河川水、工場排水

4.国内や海外の関係者との調整や助言等

国内関係組織はもとより駐日大使館や海外関係組織からの協力要請に対する対応や助言、並びに
国内関係者との調整等を行います。

5.表彰など

2016.04.18 第25回地球環境大賞
再生可能エネルギー協議会が「奨励賞」を授賞

このページのTOPへ

  • 政策・統合概念
  • 太陽光発電
  • 太陽熱利用
  • 省エネルギー建築
  • 風力
  • バイオマス
  • 水素・燃料電池
  • 海洋エネルギー
  • 地熱・地中熱
  • グリッド・モビリティ社会
  • ヒートポンプ・熱利用
  • 中小水力、未利用エネルギー